借金の際大切なこと

借金をすることを考えたとき、まず大切なことは、安易な理由でお金を借りないことです。 よくよく考えた上、借金をすることを決めたとしても、本当に必要なお金だけを借りるようにしましょう。 また、借りたお金は返さなくてはなりません。返すあてがあるか考えましょう。

次に、誰から借金するかが問題ですが、親兄弟や親戚・友人などのように、通常は無利息で貸してくれる相手から借りるのが理想です。 おそらく、文句や小言など、不快な言葉をかけられるでしょうが、本当に必要なお金なら、頭を下げてあたってみましょう。 簡単に借りられる消費者金融は、そのかわりに利息が高めで、返済できなかった場合の取立てを覚悟しなれればならないのです。

身内から借りる場合であっても、契約書を作成し、借りる額や利息の有無、返済期、返済方法などを明記しておきます。後に契約内容についてトラブルが発生するのを防ぐためです。 借りたお金を返した際も、領収書は必ずもらいましょう。

そして、借金の際の契約書には、内容をきちんと確認します。具体的には以下のことを確かめましょう。
・借金の額は必要な額ではなく、無理なく返済できる額を借りるようにします。
・借金が一括払いなら、返済期日に無理がないことを確かめます。
・分割払いで返済する場合にも、月収で支払い可能な額かどうか検討します。
・利息が高すぎないかも重要な確認事項です。
・保証人が必要な場合は、保証契約の内容について確認します。
・担保が必要な場合、担保権設定契約の内容を知っておくことも必要です。

〇PICK-UP
借金の返済や取り立てに困っている方はこちらのサイトで無料で相談出来ます ⇒ 借金 返済

Copyright © 2014 借金の際に注意すること All Rights Reserved.